フリーランスの意味と確定申告

フリーランスは、どこの企業にも所属せずに、自身の能力や技能、特技で仕事を請け負い、報酬を得ている人を指します。自営業に分類されることもありますが、フリーランスの場合は、特に事務所を構えずに、人を雇わずに独力で仕事をしている人が多いです。税理士や医師、弁護士、公認会計士、教師などの有資格者のみができる専門的な仕事の場合は、資格スクールや塾などで、資格取得や進学を目指している人に知識を活かして合格するために教えていることもあります。また、カメラマンやライターなど、特に資格がなくても知識や技能が身についていればできる仕事も含まれます。

近年では、自宅で会計や集計用のデータを入力している人や、ライターや、プログラマーなど、インターネット回線が使える環境にあれば、時間や場所に関わりなく仕事ができる在宅ワーカーも増えています。

会社員やパートなどの場合は、勤務先で年末調整が行われて、納めるべき税金を計算してもらえますが、フリーランスの場合は、毎年2月中旬から3月中旬にかけて、税務署に確定申告書を提出して、税金を算定しなくてはいけません。

フリーランスの特徴をご紹介する情報です。

収入から経費を引いた額が、基礎控除の38万円を超えてしまうフリーランスは、確実に税金が発生してしまうので、申告の上、納税しなくてはいけなくなります。

ロケットニュース24の情報を探すならこちらです。

確定申告の書類は、国税局からダウンロードできますし、作成なども行えるようになっています。


申告には青色と白色がありますが、青色の方が複式帳簿の作成など手間はかかっても、控除できる額が多くなったり、赤字の場合は次年度以降に繰越もできたりするため、特典が多くなっています。経理事務をしたことのない方でもやりやすい会計ソフトも販売されているため、経費や収入の内容を把握するためにも挑戦してみるといいでしょう。