フリーランスの仕事を本業にするかどうかについて

今は副業としてフリーランスの仕事をしている人も、将来的に本業として行うことを検討している人もいるでしょう。
ただ、会社員という身分を捨てるのは簡単なことではありませんし、やはり安定性に関しては会社に属している方が上なのです。それに、副業であれば大して稼ぐことができなくても、また仕事が途切れてしまったとしても、そこまで大きな痛手にはなりません。

しかし本業となれば、フリーランスとしての稼ぎが生活に直結することになりますし、もし仕事が無くなれば死活問題となるわけです。



したがって、本当にフリーランスの仕事だけで食べていけるのか、安定した収入を得られる目処はあるのか、そういったことを事前にしかりと把握しなければならないのです。

もちろん、税金に関することや、個人事業主としての届出など、やるべきことや覚えておくべきこともたくさんあります。



そういったことを全て理解することによって、初めてフリーランスの仕事を本業にすることができるのです。

もちろん、どれだけ入念に対策と準備を行ったとしても、失敗してしまうことも多いでしょうし、思うように稼げないこともあるでしょう。
しかし、自分のスタイルで自分が好きな仕事をしたいからこそ、フリーランスという道を歩んだわけですから、簡単にその道を諦めてはいけないのです。

もし成功することができれば、会社員時代より何倍も充実した人生を過ごせるかもしれませんし、素晴らしいライフスタイルを手に入れられるかもしれないのです。