フリーランスになる前に気を付けること

フリーランスという言葉にはなんとなく心地よい響きがあります。

会社員がいろいろな面で縛られているのに対してフリーという言葉から自由に働くことができるというイメージがあるからです。


しかし、確かに自由であるのは間違いありませんが、会社員の特典ンを失う覚悟を持つことが必要です。


会社員の特典で最も大きいのは健康保険です。

このように説明しましても中々理解できない人が多いのですが、会社員の加入している健康保険には休業補償というとてもよい特典があります。
これは病気やケガで働けなくなったときに補償してくれる特典です。

全額ではありませんが、お給料の6割を補償してくれます。



フリーランスの人が加入する保険は市町村が発行している国民健康保険ですが、この保険には休業補償はありません。

会社員には有給休暇という制度もありますのでこれらをうまく活用しますと会社を休んでも普段のお給料と同じ金額をもらうことができます。

これはフリーランスではできないことです。



あとひとつ大切なことは会社員に比べフリーランスは社会的信用が低いということです。


このように説明してもピンとこない人が多いのですが、会社に属しているということはとても大きなバックボーンをもっていることになります。
それを実感するのが金融機関の対応です。

具体的にいいますと、お金を借りるときに必要なローンのためのカードの発行に関してです。

フリーランスでは発行してもらうまでにかなりの時間を要します。

最悪の場合には断られることもあります。
ですからローンのためのカードは会社員時代に作っておくことが賢明です。